医療法人 たまのい内科クリニック 熊本市 城南町 阿高  宇土 宇城 富合町  内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、アレルギー科【専門医など】日本呼吸器学会専門医・同 指導医。日本呼吸器内視鏡学会専門医。熊本県肺がん健診総合判定医。日本内科学会認定医。熊本県慢性腎臓病連携医。熊本県肝炎診療連携医。

施設、設備など

院内の様子や設備等をご紹介します。

外観


院内

   【検査機器】

ヘリカルCTスキャン装置(GE製 ヘリカルCT)

 頭部・胸部・腹部

 肺がん検診・肺がんドック・頭蓋内の出血性病変等の精密検査の目的に。

 

超音波検査装置:新たにアロカ製 α7を導入(計3台)

 心臓エコー検査

 頸動脈エコー検査

 下肢血管エコー検査(専任超音波専門技師にて施行)

 腹部エコー検査・・・慢性肝炎の経過観察・胆石症等の目的のために。

 甲状腺エコー検査・・・主としてスクリーニング検査として。

 α7の性能の良いことに驚き。

 これまで使用してきた、同じくアロカ製のSSDと比較してみても

 得られる画像情報は格段に進歩しています。

 技術の進歩は本当にすごいですね。

X線撮影装置(FUJI FCR)

 画像情報はすべてサーバーに保存しています。

 モニターにて通常は診断をつけます。

 近日中にさらに高精度のモニターを導入する予定になっています。

 

 医療用高度精細モニタの価格は昔はとにかく

 びっくりするような価格でした。

 やや価格がこなれてきたようですので、

 何とか購入できそう。

 我々には必須。

 安易にCT検査に走ってしまうというのはよろしくありません。

 基本は一枚のレントゲン写真をどのくらいきちんと読影できるか・・です。

 ただ、早期肺癌の診療については、やはりCT検査が必須です。

 けれど・・・たばこを吸う方の初期の肺癌は、胸部レントゲンで見つけ出してしまう・・

 というのは、不可能です。

 たまたま撮影したレントゲンで肺癌を疑われ、さらに検査したところ、肺癌だった、

 ということは良くあります。

 毎年のレントゲンを撮っていてもそれはいつでも起こりうることです。

 たばこを吸う以上は、そのリスクについてもあらかじめ心得ておくべきです。

 

動脈硬化検査(血圧脈波)

 血管年齢のチェック・動脈硬化による血管狭窄などのチェックに。

気管支内視鏡検査

 肺癌等の腫瘍性病変のチェック目的。

上部消化菅内視鏡(胃カメラ)

心電図検査

24時間心電図検査(ホルター心電図)

ポータブル心電計:主として往診用として用いています。

AED

酸素濃度測定装置5台

血液検査装置貧血や生化学検査の目的。

肺機能検査(2台)

 呼吸器専門クリニックには必須の検査装置です。

 COPDの検査

 肺年齢のチェック

呼気一酸化炭素濃度の測定:禁煙外来診療に必須の検査です。

 

 

併設する施設など


【クリニックの機器導入と点検整備で頑張ってくれているめーかー・スタッフの紹介】

◎いつもクリニックに来てくれているフクダ電子のK君。

心電図計や肺機能検査機器や、あれやこれやの魅力的な提案をいつもしてくれています。患者さんにとって、最良の選択となるかどうか・・が機器選択の基準です。

今回、新たに導入した肺機能検査機器・・は、優れものでした。

病院勤務の時には、ずっと肺機能検査も行っていたけれど、すでに、あの大型の検査機器の遥か上の性能であることに驚き。

◎ヘリカルCT検査はGE社製。

新しいCTの提案をしてくれている担当者Kさんと整備担当のMさん。このところ、いつも整備にきてくれています。GEのCTは使いやすいので、これもお気に入り。これまで2回、日立の担当の方がきてくれました。

日立のCTもとても良いようです。日本製でもあり、心情としてはいつも応援しています。けれど、GEの担当の方が良く頑張ってくれていますので、義理もあり、当分はGEでいく方針。機器だけではない、人と人との付き合いがいつも基本。



更新日:2011-11-10